ストラスヴァリウス

関内駅を出てすぐの場所にあるフランス料理店、それが「ストラスヴァリウス」です。

ストラスヴァリウスは、かつてこの場所にあった「ストラスブール」と、姉妹店「ストラスジュール」を統合してできたレストランです。内装の壁紙はイギリスから、カーテンはイタリアからと、ヨーロッパ各地のテイストを取り入れたインテリアが採用されていますが、料理はこだわりのフランス料理となっています。それもそのはず、オーナーシェフの小山英勝氏は、フランスの三つ星レストラン「ジョルジュ・ブラン」で修業をしたこともある、ベテランシェフなのですから。

当日入荷の素材で決まる料理

料理メニューは仕入れ状況等で変更になります。それは、旬の食材を活かすためであり、当日の入荷素材を最高の状態で提供するためでもあります。